妻夫木聡が誘拐犯…黒澤映画リメーク、テレ朝系「天国と地獄」

俳優、妻夫木聡(26)が9月8日放送のテレビ朝日系スペシャルドラマ「天国と地獄」(後9・0)で誘拐犯役を演じることが13日、分かった。同ドラマは故・黒澤明監督の同名映画をリメーク。平成17年7月期のフジテレビ系「スローダンス」以来、約2年ぶりのドラマ出演となる妻夫木は、44年前に山崎努(70)が演じたクールな凶悪犯を熱演する。

 同ドラマは一部現代的にアレンジされているものの、ほぼ黒澤版を踏襲。身代金を要求される会社役員に佐藤浩市(46)、妻役の鈴木京香(39)、刑事役の阿部寛(43)など豪華キャストがそろう。

鶴橋康夫監督は物語のキーとなる犯人役に、16年4月に同局系で放送された「砦なき者」でもタッグを組んだ妻夫木を指名。妻夫木は「鶴橋さんと仕事をするのは久しぶり。安心して演技することができました。みなさんにとって何が天国で何が地獄かを見直せるかもしれません。ぜひごらんになってください」と出来映えに自信を見せている。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。