大沢樹生が語る元妻・喜多嶋舞の「壊れっぷり」



先月大手出版社の辣腕編集者と再婚したばかりの喜多嶋舞(35)が注目の人になっている。9月公開の映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」(石井隆監督)の過激なセックス描写が話題沸騰なのだ。(⇒画像

 これに対して2年前に喜多嶋と離婚した元「光GENJI」のメンバーの大沢樹生(38)はどんな心境か。

 大沢は昨年、所属事務所から独立して社長業の傍ら、俳優として活躍している。先週11日、初のプロデュース作品で主演もつとめる「怪談 牡丹燈籠 もっともっと愛されたかった。」が公開されたばかり。元妻のハジケぶりをどうみているのか。大沢本人を直撃すると――。

「なんかすごいことになっているみたいですね。でも、彼女が石井監督の作品に出演したのは理解できます。喜多嶋さんは以前から石井監督のファンで、監督の作品はほとんど見ていた。監督が彼女のために映画を作るといえば、出演しないはずがない。私は今回の作品を詳しくは知らないけど、彼女の“壊れっぷり”は面白いと思います。ヒットするように応援しています」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。